④突発性難聴〜原因〜

 耳鼻科の先生により

あなたは自覚症状がないから

 

その言葉から自分と向き合ってみた

なんでこんなことになったのか

ちょっと考えてみたら

 

 

とにかくいろいろなことがのしかかり

体も心も悲鳴を上げていた

 

 

 

末っ子出産してから半年頃に夫の転勤が決まる

2週間で新居に行かなければならない状態

コロナ禍での引っ越し

上の子達の学校や習い事やら何やらを事務手続き

とにかくドタバタ

 

 

夫も転勤先を行ったり来たりで不在続き

新居先に着くと上の子達2人が水疱瘡に

小児科どこだ〜

 

とにかくバタバタしていた

 

 

産後半年での荷物まとめ荷物運びや

子供達のケアやお世話にて腰と股関節をやられてしまった

 

 

 

小さなお子さんの子育て中ママさん達はそうだと思うけど

食事をゆっくり座って食べることができない時期がある

そんな時期と重なり食事は立って食べる

もう自分だけ適当なものばかり

 

 

 

引っ越し先では末っ子は夜泣きが更にひどくなり

 

 

 

コロナ禍での上の子達の行事などは下の子はNGになり

預け先もなかったため

どうしよう…

 

 

孤独な子育て

心配や不安や焦り…そして夫への不満

 

 

 

転勤先で最初は大変なのは分かる

私も転勤したことあるし

 

 

 

けど3人子連れの末っ子0歳

転勤する時、伝えたこと

 

 

手伝ってもらわないとできない

それができないないなら転勤を一度断ってくれと

と話したにも関わらず

 

  

転勤先で大変なのは分かるが

子供達の重なった行事の1日ぐらい有給とって休んでくれ

 

 

出世が少し遅くなってしまうかもしれないが

夫婦仲を戻す方がよっぽど時間がかかるぞ

 

 後に休みを取ってくれるようになりましたが

 

 

当時いろいろな気持ちが積もり積もっていった

 

 

こんな感じが1年続き…

 

 

一番上の子の大きな行事が無事に終わり

これで少し休めるかなと

安心した次の朝に左耳が塞がりました。

 

 

 

 

まとめてみると

●産後の引っ越しによる体のひどいダメージ

●睡眠不足

●食事をしっかり摂っていなかった

●コロナ禍による孤独な子育てであった

●慣れない環境にて心のケアをしなかった

●手の足りない子育て環境であった

 

 

 

産後1年は慣れた環境にて子育てをした方がママさんにとって体も心も安心できると私は思う

 

 

コロナ禍で一時保育も家事代行も閉鎖されていた

大変ときに大変なことが重なり

なんとかしないと

これに慣れないと

心と体の悲鳴に対して蓋をして過ごしてきたんだなと感じた

 

 

 

そして決めた

少しでも回復させたいから

とことんサボる!

 

続きはこちらから

 

【⑤突発性難聴〜初期症状〜】

【⑥突発性難聴〜1ヶ月経過〜】

【⑦突発性難聴〜(やめたこと)(やったこと)】

【⑧突発性難聴〜2ヶ月経過〜】

【⑨突発性難聴〜3ヶ月後半から1年半後〜】

準備中【⑩突発性難聴〜改善するためにやったこと〜】